CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
山田ねずみ大根

今日のしがらきの里

 

 

今にも雨が降りそうな、曇りの空。

 

 

畑を見に行くと

 

薄みどり色の美しいラインに目を惹かれました!

 

 

この畑は唯一の女性スタッフが野菜を育ててます**

 

 

写真奥から、にら、しそ、ししとう、手前の葉っぱは山田ねずみ大根!

 

 

山田ねずみって???(笑)ねずみみたいな大根を山田さんという方が栽培してたのかな??

 

 

スタッフに聞いてみたら、やっぱり!小ぶりでねずみみたいな形で根っこがシッポみたいだそうで(笑)

 

 

滋賀県の草津市北山田地区に古くから伝わる郷土野菜の一つということでした!

 

 

この山田ねずみ大根、収穫時期をずらすために種まきも時期をずらしてるので、大きさと色合いによるグラデーションが素敵です!

 

見てるだけで楽しい、うれしい気持ちになるのはわたしだけでしょうか**

 

 

収穫がとても楽しみですね!!

| 畑作 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋雨

今日のしがらきの里

 

 

9月になり、しがらきの里も長雨が続いています。

 

 

しとしと雨に濡れた入り口の門。

 

 

見てるとなんかいい感じと思って!

 

 

写真におさめました***

 

 

こんな雨の日、田んぼのスタッフは稲刈りの為の準備に余念がありません。

 

 

バインダーの整備をしていました。

 

 

 

 

そう、夏は過ぎ去り、実りの秋の訪れです!

 

 

稲刈り、スムーズにいきますように!!

 

| しがらきの里 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
季節のお花

お待たせしました!

 

しがらきの里スタッフブログ再スタートします!

 

しがらきの里の日々をリアルにお伝えできたらと思ってます!

 

よろしくおねがいします!

 

今回は秋を感じさせるお花。

 

しがらきの里周辺で咲いていた花です。

 

紫色のかわいい花ですが、指で茎を触ると想像できない独特な匂いにびっくりしました!

 

きっと外敵から守り、種を残すためなのだろうと私は思いました。

 

かりがね草といって8月、9月に咲く野草です。

 

おしべが弓なりに上に伸び鳥の羽を広げたように花びらが開いていることから雁の姿を連想したそうです。

 

クマツヅラ科 多年草の一種 別名ホカケソウ(帆掛草)

 

 

 

| | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
乾田苗代の苗


変わらない営みが、続いていくということ。
圃場の作物の尊さを感じながら、一年ぶりの投稿です。
| 稲作 | 13:29 | comments(1) | trackbacks(0) |
地這いキュウリの定植



地這いキュウリの定植です。




例年よりもポットで大きく育てたました。








根の張り方に注目。
土がくずれず、根は伸びすぎておらず、丁度いいとのこと。








しがらきの里の朝夕は冷え込むので、パオパオネットをかけて対策しました。

H.T
| 畑作 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤高菜の花


しがらきの里も暖かくなりました。
種用の畝に咲いた、赤高菜の花。

H.T
| しがらきの里 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の稲たち
朝晩、だいぶん涼しくなってきました。
しがらきの里の田んぼも稲が成長して、



穂が垂れてきました。






しかし!
台風の接近のおそれ。

稲さん、みんな、がんばってね。o(゜∇^☆)

記 : N.K


| 稲作 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
奇跡の柿(!)
NPO法人「杜の会」のお力を借りて、ところどころ弱り始めていた
しがらきの里の自然を回復させるプロジェクトが今年から始まりました。

すでに数カ所へ施行工事が行われていますが
今回の主役は、





母屋の前に植えられたこの木。

言い伝え(?)では柿の木と言われていましたが
過去7年間の私の記憶では、柿の実がなっているところを見た事がありません。

里のメンバーの一部からも、実は柿の木ではないのでは・・・!?
と、疑惑の目を向けられていました。

かくいう私もその一人。
毎年秋に見上げて思うのは、
「柿の実つかないじゃん。君は一体なんの木だい?」


・・そうして月日は巡り、今年の5月。
「杜の会」矢野智徳さんの指導のもと、木のまわりに
通気性と通水性を良くする、いわゆる呼吸の為の穴が施されました。






深さ約60cmの穴に、暗渠パイプが入れられています。数は4つ。
これでどんな変化があるのでしょうか?






その後、
垂れていた葉っぱが上に向き始めた、
葉っぱの色が濃くなってきた、と
違いの分かる人には分かる、分からない人にはよく分からない
微妙な変化が取りざたされつつ、、

ついに訪れたこの秋。

 ↓
 ↓
 ↓





!?


・・・ついてます。


みなさん、つきました!!
柿の実がなりましたよーー!!!

長い長いの沈黙を破って、やってくれました!

本当に柿の木だったんですね。
疑っててごめんなさい。

造成された古民家の土台の法面のキワという、
おそらく樹木にとって、とても過酷な場所に植えられながら、
実はならずとも10年の歳月を生き抜いてきた柿の木に、
畏敬の念を抱かずにはおれない私でした。

今年は少しではあったけれど
柿の実をつけてくれて本当にありがとう。

杜の会の施行によって、
しがらきの里の自然環境にどんな変化がもたらされるのか、
これからが楽しみです。

記 : H.T

 
| しがらきの里 | 14:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
おむすび家族

 
ゴンさん、マリリン、ひげおくん、たらこさん、スヌーピー、タモリ・・・・・。
さぁ、どの子を食べようかな??(*'▽')ノ

お昼ごはんの当番で作ってみました!

記 : N.K
| しがらきの里 | 14:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
ハチミツ採り
しがらきの里に訪れたハチミツ採りの専門家さんが
ここに日本ミツバチが生息していることを発見。
それがきっかけとなり、昨年からしがらきの里の山の斜面に
ハチミツを収穫するミツバチの巣箱を設置しています。

今回採蜜したのは、今年春に設置した新しいミツバチの巣箱。
ミツバチたちは巣箱の中で、上から下へと巣を作っていくそうです。
4段重ねの一番上の巣箱を取り、新しい巣箱は一番下に設置します。

こんな奇麗は蜜蜂の巣は初めて見たと、蜜取りにこられたお二人が
おっしゃっていました。






 
| しがらきの里 | 08:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>