CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
畑では・・・

今日のしがらきの里

 

 

畑で、落花生の収穫をしていました!

 

 

わーっ!たくさんできてる〜 大粒ですね〜!

 

 

 

落花生などのマメ科植物は、根に粒状の根粒ができ、その中に根粒菌という微生物がいるそうです。

 

 

根っこにつぶつぶした塊があるの、わかりますか?

 

 

 

これが根粒菌ですよ!

 

 

 

根粒菌は大気中の窒素をアンモニアに変換し(窒素固定といいます)、作物の生育に欠かせない窒素を供給する働きがあるそうです。

 

 

窒素は自然からの恵みなんですね・・

 

 

 

なんか不思議ですね・・すごいな、自然界は。

 

 

 

採れた落花生は主に来年の種用にするそうです。

 

 

 

それから、びっくりしたのですが、

 

 

 

その畑のすぐ隣には、たくさんの箒がならんでいました!

 

 

 

おもしろいなあ・・・なんだろう??

 

 

 

箒ではありませんでした(笑)

 

 

ここでは、

 

 

実エンドウを栽培しているそうです・・

 

 

秋に種をまいて春に収穫するまで、霜よけためにわらで覆っているんだそうです!

 

 

 

なんか、わらのお家みたいですね(笑)!

 

 

 

緑色の芽たち、ひょっこり顔をだして・・かわいいなー**

 

 

 

寒さに負けないで大きく育ちますように・・・

 

| 畑作 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
続・秋の収穫!

今日のしがらきの里

 

 

昨日は晴天でしたが、今日は小雨の降る肌寒い天候です。

 

 

 

古民家のすぐ横にある、山桜が紅くなってきました!

 

 

今日は曇り空で残念ですが、

 

 

赤色がとってもきれいで、これからが楽しみです!

 

 

 

昨日は、若者数名が研修で”さつまいも掘り体験”をしました。

 

 

晴天の空、最高の芋ほり日和です!

 


 

まさに、芋ずる式に採れたそうです!

 

 

芋がとれるたびに歓声があがって、大変だけど楽しい! と頑張ってくれたそうです**

 

 


 

むらさき色のさつまいも・・美味しそうですね***

 

 

焼き芋にして食べたいなー! ですが、残念・・

 

 

今日、収穫したさつまいもは、来年の苗作り用の種として

 

 

保存する前に乾かした後、13度で保存するそうです**

 

 

| 畑作 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
山田ねずみ大根

今日のしがらきの里

 

 

今にも雨が降りそうな、曇りの空。

 

 

畑を見に行くと

 

薄みどり色の美しいラインに目を惹かれました!

 

 

この畑は唯一の女性スタッフが野菜を育ててます**

 

 

写真奥から、にら、しそ、ししとう、手前の葉っぱは山田ねずみ大根!

 

 

山田ねずみって???(笑)ねずみみたいな大根を山田さんという方が栽培してたのかな??

 

 

スタッフに聞いてみたら、やっぱり!小ぶりでねずみみたいな形で根っこがシッポみたいだそうで(笑)

 

 

滋賀県の草津市北山田地区に古くから伝わる郷土野菜の一つということでした!

 

 

この山田ねずみ大根、収穫時期をずらすために種まきも時期をずらしてるので、大きさと色合いによるグラデーションが素敵です!

 

見てるだけで楽しい、うれしい気持ちになるのはわたしだけでしょうか**

 

 

収穫がとても楽しみですね!!

| 畑作 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
地這いキュウリの定植



地這いキュウリの定植です。




例年よりもポットで大きく育てたました。








根の張り方に注目。
土がくずれず、根は伸びすぎておらず、丁度いいとのこと。








しがらきの里の朝夕は冷え込むので、パオパオネットをかけて対策しました。

H.T
| 畑作 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏野菜の苗の定植


今年は苗の生育がよく、予定よりも少し早めに夏野菜の定植が始まりました。

記:H.T
| 畑作 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日の1枚


スナップえんどうの花。
次々に花が咲いて実がなっています。

記:H.T
| 畑作 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
緑ナスの小さな苗


昨年自家採種したナスの種を蒔きました。
あたたかなビニールハウスの中で、少しずつ大きくなっています。

こうして、小さな苗の成長の様子をながめながらつくづくと感じるのは、
生命の生きる美しさと、不思議な力強さです。

記:H.T
| 畑作 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
そろそろトウモロコシが終了です。

先日、しがらきの里内にある、トウモロコシ(ゴールデンバンタム)の収穫作業と、片付けを行いました。


resize0006.jpg

 

一本一本、確認しながら、ひねるようにして収穫します。


resize0012.jpg



resize0013.jpg


収穫し終わったら、根元から引っこ抜いて、

通路に置いていきます。

resize0010.jpg


トウモロコシは、種まきから行いましたので、片付け作業は、

なんだかさみしい気もしました。


resize0016.jpg

 


resize0041.jpg


ちなみに、このゴールデンバンタムは、スイートコーンでは

日本に一番最初に入ってきた品種と言われています。

明治37年ですから、もう100年以上も前の話です。


最後にせっかく収穫したので、その味を堪能しました。


resize0040.jpg

 

甘さはやや控えめですが、皮が肉厚で噛み応えがあり、

濃厚な味わいです。


resize0039.jpg

 

小さい頃は、トウモロコシの粒をつなげたまま何粒

とれるか、友だちと競い合って食べたものです。

 

ゴールデンバンタムにほうばりながら、そんな昔が

なつかしく思い出されました。

 

・・・もうすぐ夏も終わりですね。

 

記 K.T 
| 畑作 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミニトマトジュース


先日収穫したミニトマトでジュースを作りました。


DCIM0010.JPG


普通のトマトよりも、甘みの強いミニトマトです

からジュースになると、どんな味がするか楽しみです。


resize0258.jpg


 

作り方は、いたって簡単!ジューサーにひたすら

投入するだけです。


resize0262.jpg

 


たくさん取れましたので、二人がかりで約1時間。

共同作業で作りました。


resize0261.jpg

 

途中、ジュースになりきれなかった部分は、トマト

ピューレとして、後日、料理に使いました(カレー、

野菜炒めとして使用しましたが、トマトの程よい酸味

とコクがあって美味しかったです)。

 

色は、真っ赤ではなく、ストロベリーのような濃厚

ピンク色です。

 

秀明自然農法による、無肥料、無農薬栽培で採れた

奇跡のミニトマトジュース完成です。


resize0267.jpg

 

ぐいっといっぱい!

 

今まで飲んだ、どのトマトジュースよりもフレッシュで

濃厚な100%野菜の味です。

 

まさに奇跡の味ですね。

 

K.T

 

| 畑作 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
生命のざわめき

最近、収穫のシーズンですから、ほ場にいることが多くなって

ますが、自然農法のほ場は本当にいろんな生き物がたくさん

います。


DCIM0018.JPG

 

作物を収穫しようと身体をかがめると、目線の先には花の蜜を

せわしなく吸っているミツバチが、ブゥ〜ン、ブゥ〜ンと飛び回り、

 DCIM0005.JPG


足元では、カエルが踏まれまいと、ピョンピョン飛び跳ねて、


resize0256.jpg

 


草をかき分けたら、ハタハタハタと、バッタが飛んでいって。


ずっと屈んでいたので、腰を伸ばして空を見上げるとトンボに

囲まれていて。

 

このほ場には、生命のざわめきがたくさんあります。

 

「虫に食われるから、農薬をまく、そうしないと安定した収量

が見込めない」

 

もし、それが本当ならば、

 

虫のいない、ほ場には、きっと生命のざわめきはないでしょう。


 

最近の研究で、ほ場の中における、草や虫が、病害虫を駆除して

いるという見解も出てきました。



DCIM0009.JPG

 


最近、ほ場にいると、そのことがよくわかります。


作物を人間が直接育てるのではなく、生き物が住みやすい

ほ場環境を整えることで、草や虫たちが、作物の成育を

助けてくれます。

 


もっともっと自然に感謝せねばいけませんね。人間は。



DCIM0003.JPG


 

今日もたくさんの恵みをありがとう。

 

K.T 
| 畑作 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>