CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
俵作りに奮闘中です!

今日のしがらきの里

 

 

今朝は気温が下がって寒いです・・・

 

 

古民家の事務所は、暖房が必要になりました!

 

 

そろそろ冬が始まりそうです・・・

 

 

 

前にブログで俵作りの中で、菰(こも)という俵の胴の部分を紹介しましたね**

 

 

 

その後の続きを見に行きました!

 

 

  

桟俵(さんだわら)という笠みたいなものができてました**

 

 

筒状にした菰の上下につけるものです!

 

 

 

菰にこの桟俵を縄で、結んで取り付けるそうですが。

 

 

いったいどう結びつけるのか見当がつきません・・・

 

 

複雑な手順があって、覚えるのは大変みたいです・・・

 

 

上手くできなくて、やり直しすることも、たびたびあるそうです。

 

 

根気のいる作業ですね・・・

 

 

出来上がりをみると、なんと綺麗でしょう!

 

 

どうしたら、結わえた縄がこんなお花模様になるんでしょうか?!

 

 

 

材料のわらは、なるべく長いものが良いそうで、1m40cm位がベスト。

 

 

ここで育てた農林22号の稲わらを使っているそうです。

 

 

なるほど・・・

 

 

 

玄米60キロを入れて反対側の桟俵を結わえたら、胴の部分を縄で締めていきます。

 

 

この締めが甘いと形が崩れてしまうため、何度もやり直してる人もいました・・

 

 

締める作業が重要!そして、根気と努力と集中力が要りますね。

 

 

 

そして、

 

 

米俵のできあがり!

 

 

 

立派な米俵ですねー、まさに芸術作品だと思います!

 

 

作ったスタッフの頑張りに拍手!

 

 

そして、

 

 

何よりこの俵を作った先人の知恵はすごいなあ〜!ほんと、敬意を表します・・

 

 

| 稲作 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://snn-staff.jugem.jp/trackback/164
トラックバック
<< 干し柿 | main | 冬が到来! >>