CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SEARCH THIS SITE.
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
こちらをクリックしていただけると嬉しいです!
秀明自然農法らいふ(敷き草)
 夏は、作物もそうですが、雑草も成長盛りです。

2013062914110000.jpg

今の時期、草刈りで刈った草を畝に敷き草として利用します。



作物の根本までしっかりかぶせます。乱暴にすると

枝が折れてしまうので、丁寧に行います。


resize0025.jpg



これをすることにより、土が固まらないように保ったり、

土中の保湿性を持続させるなど様々な効果が期待出来ます。


resize0027.jpg

 

刈った草の再利用にもなります。

 

持続可能な農業って気持ちいいですね。

 

K.T

| 畑作 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
秀明自然農法らいふ(トマトの誘引)
 梅雨の時期に水分をたっぷり吸収した夏野菜たちが

グングン成長するシーズンとなって来ました。


resize0015.jpg 


梅雨も開け、夏到来!


 

夏野菜の作業も加速します。



 

今回はトマトの誘引。


resize0018.jpg

 

一本一本、地道な作業ですが、人の想いに作物は

応えてくれます。


resize0019.jpg

 

作業を終えて、畝を眺めてみる。


resize0021.jpg

 

少しだけ、トマトと話せたような気がした。

 

記 K.T

 

| 畑作 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(雫jewelry)

ハウスの育苗管理をしていた時のことです。ふと、里芋の苗に目を向けると・・・








里芋雫3

里芋の葉の上に水滴が、まるで水滴を掲げているかのようです。







里芋雫2

 水滴の透明感もうつくしいなぁと感動です。




里芋雫

自然の美しさって良いなぁ。はぁーっと

ため息のこぼれる瞬間でした。

 

記 K.T

| 畑作 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(名脇役)


先日の実エンドウの畑の隣では赤高菜が存在感ある様子

で植わっています。

赤高菜


赤高菜のパワフルな様子は、もちろん自家採種の生命力

による部分もありますが、それを支える名脇役の存在が

欠かせません。

 

こちら(写真右側)にうっそうと茂っている草は、雑草では

ありません。

カラスノエンドウ

「カラスノエンドウ」という草で、作物が育ちやすいような

環境を手助けしてくれるという土の助っ人的な存在です。


カラスノエンドウ1


草といいながら、赤い淡麗色の小さくてかわいい花を咲かせ、

絹サヤのような若サヤも付いています。

 

カラスノエンドウ3

農作業では、除かれる「草」が多い中で、カラスノエンドウは

「抜かないほうが良い草」と言えるかもしれませんね。

まさに名脇役ですね!

 

ちなみに、この名脇役、天ぷらやソテー等にして食べること

も出来、草の部分は焙るとお茶にもなるようです

 

自然の力ってすごいですね。

 

K.T 
| 畑作 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(実エンドウの花)
5月も終わりに近づき連日暖かな陽気となっています。
しがらきの里の畑でも作物たちが、ぐんぐん成長しています。

 

実エンドウは、この時期きれいな白い花を咲かせ、

花が咲き終わるとそこから実がなって収穫となってきます。

実エンドウの花

きれいな白い花です。白とライトグリーンのコントラスト

が、暖かい陽の光にやわらかさを与えます。

実エンドウの花2

 



実エンドウの花3

花の中心から花弁を押し出すように実がなってきています。

実エンドウの実の先についているのが花です。



実エンドウの花5

そろそろ収穫できそう。。。どんな味か楽しみです。

 

K.T

| 畑作 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(高畝の効果)
しがらきの里も暖かい日が続くようになりました。ようやく農作業
も汗ばむシーズン到来といったところでしょうか。

ただし明け方は、まだまだ涼しい日々が続いておりますので体調管理
をしっかりしていかないといけません。油断禁物です。。。


さて先日、試験的に高畝と平畝を同じ畝で試している小松菜の畑の
様子を見に行きました。

高畝は、排水・通気が良いので水分の多い土地や乾燥を好む作物栽培

に用いると言われています。さてさて、効果の程は・・・


小松菜の平畝

こちらが平畝からの景色です。向こうの高畝に向かって

歩いてみます。


小松菜の平畝2


小松菜の平畝3 

なんとなくですが、徐々に茂ってきているような・・・


小松菜の平畝4

そろそろ高畝到着です。そして、

 

 

こちらが高畝側からの景色です。

小松菜の高畝

明らかに生い茂っている様子が見受けられます。


小松菜の高畝2



小松菜の高畝3

この畑は、高畝の方がいいかもしれません。

 

ちなみに、


小松菜の高畝4

 

これは、不織布を掛けた畝(左側)と何も掛けない(右側)

の畝の違いです。

しがらきは、まだまだ寒いので不織布等で作物を保護してあげた

が生育は良いようです。

 

高畝にしても不織布にしても自然に施すことで自然は答えてくれる

のですね。

何事も勉強です。教えてくれた自然に感謝ですね。


自然よありがとう。。。


K.T

 

| 畑作 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(ミョウガ畑)
 しがらきの里には、複数のほ場があり、ミョウガも育てています。

先日、ほ場担当者からミョウガが出てきているということで、様子を

伺いにいきました。

ゼンマイ谷6

ミョウガの畑ですが、これだけではどこにあるかわかりません。

畝の近くに顔を近づけて覗いてみると・・・


ミョウガ2

ありました!ミョウガです。まだまだ小さいですが、なんだか

子供みたいでかわいいです。


ミョウガ

辺りをよく見回すと、あちらこちらにミョウガの子供達が、まるで、

公園で遊んでいるかのように佇んでおりました。


タケノコ

おっとこちらはタケノコ!?です。これは思わぬ収穫でした。

竹林ではなくても、タケノコが生えてくるのですね。昔は竹林

だったのかなぁ・・・。

 

K.T




| 畑作 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(時にはお日様へ向かって)

天気の良い日中でした。種取り用の圃場に目を向けると、

太陽に向かってまっすぐに伸びている作物達の姿がそこに

ありました。


下仁田ネギ2

右から、下仁田ネギ、人参、エンドウです。右斜め上方向が

お日様の方面です。お日様の方へ向かって伸びている様子

が伺えます。


下仁田ネギ

この日は風が強かったのですが、下仁田ネギはモノともせず

にビシッと立っています。力強ささえ感じます。

 

作物が発する生命力が人間にもたらす影響は計り知れない

ものがあるとつくづく感じました。

 

時には私もお日様を見上げてみようっと!

太陽

まぶしっっ!!! 

注)太陽の直視はお控えください。

K.T

| 畑作 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
有機農業プラスαな生活〜秀明自然農法らいふ(育苗から定植へ・・・)

心地よい朝東風の薫りがゴールデンウィークの終わりを告げる頃、

しがらきの里の育苗ハウスでは、畑への旅立ちを待ちわびている

苗達が元気に育っています。

リーフレタス

リーフレタスです。もう卒業間近といった様子です。



枝豆

枝豆です。まっすぐにお日様に向かって育っています。



ズッキーニ

ズッキーニです。瑞々しさが感じられます。



サツマイモ

サツマイモです。定植時期は、来月初旬頃です。


次のステップ定植については、苗の大きさや外気温などの

条件が各作物の定植に適するようになってから行います。

せっかく良い苗に育っても定植に失敗すると台無しになって

しまうからです。日々のお世話はまさに我が子を育てるような

気持ちで愛情をかけておこないます。元気にすくすくと育つこと

を願いつつ・・・。


K.T








| 畑作 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
大根の収穫


大根の収穫。
気温がだいぶ低くなってきましたが、野菜は川の水で洗っています。
寒い中ありがとうございます。
                                         記:Y.I
| 畑作 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 3/4PAGES | >>